防火ダンパーのヒューズ交換

HOME > 取り扱い製品情報 > 焼肉無煙ロースター > オーバーホール・メンテナンス > 防火ダンパーのヒューズ交換

無煙ロースターの防火ダンパーのヒューズ交換

最近焼肉店の火災が急増しております!
消防庁・NHKでも大きく取り上げられました!

焼肉店の皆さん!ロースターの内部に防火ダンパーがあるのはご存じですか?
防火ダンパーは火災の際、炎がダクト内に進入するのを防ぐ物です。
防火ダンパーが作動しないと大規模な火災になる場合があります。

防火ダンパーにはヒューズが付いており、一定の温度以上になると溶け、防火ダンパーが閉まる仕組みとなっております。
ヒューズが切れるとロースターの吸い込みが遮断されますので、煙が上がります。
急に一台のテーブルから煙が上がった場合はヒューズが切れた場合が考えられます。直ぐにヒューズを交換しましょう。
ヒューズが切れたという事はダクト内に炎が入った事が考えられます。直ぐに当社に連絡をして下さい。
ここでは防火ダンパーのヒューズ交換の手順を紹介いたします。
ヒューズは常に数個の予備を用意して下さい。
交換は簡単に出来ますが、その際には一度当社へご連絡して下さい。
特に、頻繁にヒューズが切れる場合は大至急ご連絡下さい。
03-3694-6392(24時間受付対応)

1.点検口を開ける


2.ヒューズのホルダーを取り出す


3.ヒューズを入れ替える

左から4番目がヒューズです
ヒューズを新しい物に入れ替えて下さい

4.ヒューズをホルダーに入れる


5.スプリングを入れます

6.ふたを閉じます

7.防火ダンパーをスライドさせホルダーを入れ回します


取り扱い製品情報